院長挨拶

当院は、昭和55年2月に開院し34年目を迎えました。これはひとえに地元の皆さま及び医療関係者の方々のご理解・ご協力の賜物と心より感謝しております。開設以来、地域密着型の病院として職員全員が患者さまにとって役に立つ病院作りを理念に努力してまいりました。

平成24年12月、グループ病院である新東京病院が新病院をオープンしました。それに伴い当院病床70床を新東京病院へ移転、入院機能を移行いたしました。
当院は平成26年2月を以ってクリニックとして新たなスタートを切ることとなりました。
診療に於いては、新東京病院はもとより都内の大学附属病院や近隣の総合病院と密に連絡を取り合い様々な疾患に対応してまいりました。この34年間当院の診療にご協力いただいた先生方の中には、博士号は勿論のこと海外留学の経験豊富で実績充分な先生方も多数おられました。

患者さま一人ひとりに対するきめ細かで柔軟な対応により、患者さま及びご家族の方々にとって、当院に受診して良かったと思って頂けるよう、良質で信頼される医療を提供すべく、職員一同自覚をもって努力していく所存です。新東京クリニック松飛台は心のこもった医療を継続してまいります。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

院長 平田 忠


院長プロフィール

平田 忠
出身大学:東京大学医学部第一外科、医学博士
フランス政府給費留学生としてパリ大学医学部へ留学(INSRM)
平成 5年10月 院長代行 就任
平成10年 1月 院長 現任
・日本外科学会指導医
・日本救急医学会認定医
・日医認定産業医

ページトップへ