形成外科紹介

診療科案内

形成外科は、体表の様々な腫瘍・外傷・醜形・色調異常などの外科的治療を行う診療科です。
身体の中でも、体表や特に外から見える部位(顔や手等)の組織欠損・変形・醜状等に対する悩みは、身体だけでなく心への影響も与えかねません。
当科では、皮膚・皮下腫瘍、皮膚潰瘍、顔面外傷、手の外傷、瘢痕の修正、美容外科、再建外科等の疾患を取り扱っております。

医師紹介

吉田龍一 (よしだ りゅういち)
平成16年 防衛医大卒 
国立病院機構災害医療センター、防衛医大病院形成外科などで研修の後、
自治医大さいたま医療センター皮膚科形成外科診療班臨床助教
平成23年11月より新東京病院形成外科入職

対象疾患

以下は対象疾患の一例です。
気になる症状等ございましたら、まずは診察の上、ご相談下さい。

皮膚・皮下腫瘍 母斑、疣贅、粉瘤、脂肪腫、血管腫、いぼ、基底細胞がん、扁平上皮癌、悪性黒色腫、
唾液腺腫瘍、先天性頸嚢胞、ガングリオンなど
皮膚潰瘍 外傷性皮膚欠損、褥瘡、慢性皮膚潰瘍、四肢壊疽、慢性膿皮症 など
顔面外傷 顔面の切創や挫創、鼻骨・頬骨・顎骨・眼窩骨折 など
手の外傷 手の切創や挫創、神経・腱損傷 など
瘢痕の修正 外傷や手術後の傷あと・変形、ケロイドや肥厚性瘢痕
美容外科 二重の手術、腋臭症、包茎、しみ・しわ など
再建外科 乳房再建、指欠損の再建 など
その他 陥入爪・巻き爪(ワイヤー矯正可)、眼瞼下垂症、眼瞼外反・内反症、臍変形、耳介変形、
陥没乳頭 など

診療時間等はこちらからご確認ください。


ページトップへ