検査室

診療内容

こんにちは、臨床検査室です。 私たちの仕事は、機械で体の状態を検査する生理検査と 体から採取した血液や尿などの体液を検査する検体検査があります。 病気の診断や治療の方法を決める情報を提供しています。

生理検査

心電図検査

心臓に異常がないかどうかを調べるふるい分け検査です。 来院された多くの方が受ける検査です。

超音波検査

体の表面から超音波を当てて臓器の様子を調べる検査です。

検体検査

血液検査

血液中に含まれる様々な物質の量を調べます。 特定の物質は病気になると現れたり増えたりします。

尿検査

尿の性状を検査します。 中に含まれている細胞や物質を顕微鏡で見ます。

輸血検査

日赤から届けられた血液を輸血してもいいかを調べます。 血液が同じでも輸血ができない場合もあるからです。

その他にもいろいろな検査があります。 わからないことがありましたらお気軽にお尋ねください。

検査室の特色

少人数で検査しているため、情報の共有が密にできていると思います。 一番の特徴は院内で行う生理検査・検体検査はどの技師でも同じようにできることです。 両方の検査にかかわれることで患者様の検査情報が立体的でより 印象深くなっています。 また、我々は治療の方向性を決める責任の重さを感じています。 患者様に直接お会いする機会は少ないのですが、 病気の回復に向けて全力で臨みたいと思います。

ページトップへ